SEOとは|SEO対策をヒトコトで言うと?

SEOとはなにか?上位表示される記事の具体的な書き方も紹介!

SEOとはなにか?上位表示される記事の具体的な書き方も紹介!

こんにちは、まえたつ(@maetatsu_papatr)です。

今回は『SEOとはなにか?』をテーマにお話ししていきます。

「SEOって難しい。結局なにをしたらいいの?」

 

「SEOを簡単に説明してほしい!」

 

「SEO対策して上位表示される記事の書き方は?」

 

こんな悩みに答えます。

この記事では、「SEOとは何か?」をたった一言で説明しています。さらに「上位表示されるための検索ユーザーが満足する記事を書く具体的な方法」も紹介しています。

実際に僕がSEO対策するときに意識していることや使っている方法です。

この「SEO対策をする上で大切なたった一つのこと」を意識するだけで、あなたのブログやサイト記事は検索順位がどんどん上がっていきます。

SEO対策の全体像はこちらの記事ですべて解説しています。≫SEO基礎講座|初心者向けSEO知識まとめ

【結論】SEOとは読者に尽くすこと

【結論】SEOとは読者に尽くすこと

SEOを一言で言うと、「読者に尽くすこと」です。

順を追って説明していきます。

SEOとは?

SEOとは何でしょうか?

SEOとは、Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)の略です。

検索エンジンとは、Googleの検索窓のことです。

誰かがGoogleでキーワードを入力して検索した時に、そのキーワードに対して自分の記事を検索上位にするための対策がSEO対策です。

※Yahoo!でも検索しますが、Yahoo!はGoogleの検索アルゴリズムをそのまま使っているので、Google一択になります。

SEOとはGoogle対策

SEOとはGoogleで自分の記事を検索上位に表示させるための対策です。

つまりSEOとはGoogle対策と言えます。

ではGoogleはどんな記事を検索上位に表示させるのでしょうか?

Googleがブログやサイト記事に求めている最も大切なことは、「ユーザーファースト」であることです。

ユーザーファーストを求めているということは、Googleのホームページを見れば明らかです。

Googleのホームページがユーザーファーストを表している。

検索すること以外に目がいかない設計になっています。

無駄な広告もありません。

このことからGoogleは検索してくれるユーザーを第一に考えていることがわかります。

なのでGoogle検索で上位に表示される記事も、検索したユーザーが満足するであろう記事が上位に表示されます。

SEOで大切なことは読者を満足させること

SEOとはGoogle対策のことでしたね。

そしてGoogleが一番大事にしていることはユーザーファーストです。

このことからSEO対策をする上で大切なことは、「読者を満足させること」と言えます。

つまり徹底的に読者に尽くすことが自然とSEO対策になります。

読者目線で見たときに、

「わかりやすい!」

「これが知りたかった!」

「こんなことまで教えてくれるの?」

読者からこんな風に思われると、Googleからも高評価をもらうことにつながります。

「SEOとは読者に尽くすこと」

この考えが根底にあるとSEO対策が自然と上手くいきます。

自然とSEO対策になる!読者に尽くす記事の書き方

自然とSEO対策になる!読者に尽くす記事の書き方

ここからは読者に満足してもらえる記事の書き方を具体的に紹介していきます。

読者に尽くすことはSEO対策につながるので、記事を書くときは次の3つの要素を必ず入れましょう。

読者を喜ばせる記事に欠かせない3つの要素は以下のとおり。

検索ユーザーの悩みを把握してる

悩みの解決策を教えてくれる

文章がわかりやすい

それぞれ解説します。

検索ユーザーの悩みを把握する

Googleで検索したユーザーの悩みを把握することが一番大切です。

検索ユーザーの悩みを把握することがSEO対策のすべてといっても過言ではありません。

そのくらい検索ユーザーの悩みを理解することはSEO対策にとって重要です。

検索ユーザーの悩みを把握するために次の質問に答えてみましょう。

「このキーワードで検索した人は何に悩んでいるか?」

この質問に答えることで検索ユーザーの悩みを把握できます。

悩みの解決策を教える

検索ユーザーの悩みを把握したら、次はその悩みの解決策を提示しましょう。

検索ユーザーの悩みを解決しない記事は低評価を受けて上位表示されることはむずかしくなります。

必ず悩みに対する解決策も提示してあげましょう。

悩みがわかっていればその解決策を提示するだけなので簡単です。

わかりやすい文章を書く

検索ユーザーの悩みを把握して、その解決策を記事にすると喜ばれる記事になります。

しかし、わかりにくく読みにくい文章になっていると良い情報も価値が落ちてしまいます。

わかりやすい文章には型があります。

ここでは「PREP」とよばれる型を紹介します。

PREPとは、

P:結論

R:理由

E:具体例

P:再び結論

この流れで文章を書くとわかりやすくなります。

この記事だと以下のとおり。

P:SEOとは読者に尽くすことだ。

R:なぜならGoogleはユーザーファーストを第一にしているから。

E:たとえばGoogleのホームページを見てもユーザーが使いやすいようになっている。

P:なのでSEOで大切なことは読者に尽くすことだ。

PREPの流れで文章を書くと、わかりやすく読まれる記事になります。

自然とSEO対策になる記事の書き方まとめ

読者に尽くす記事を書くことで自然とSEO対策になる記事が書けます。

まずはキーワードに対して、

検索ユーザーの悩みは何か?

その悩みの解決策は何か?

この2つの質問の答えを書き出します。

次にPREP法で文章を書いていきます。

以上が自然とSEO対策になる記事の書き方です。

「もっともっと記事のSEO対策をしたい!」と思ったあなたには、この記事が参考になります。≫SEO対策3つでブログ記事を上位表示させる!

SEOとはなにか?上位表示される記事の具体的な書き方も紹介!まとめ

SEOとはなにか?上位表示される記事の具体的な書き方も紹介!まとめ

SEOとは読者に尽くすことです。

ブログやサイト記事の読者に満足してもらうことがSEO対策につながります。

読者を喜ばせる記事の書き方は、

キーワードに対する読者の悩みを把握して、悩みの解決策を提示する。

記事の文章はPREP法で書く。

以上のことを意識することで、読者に喜んでもらえる記事を書く=検索上位に表示される記事を書けるようになります。

こちらの記事ではもっと詳しくSEO対策について解説しています。≫SEO基礎講座|初心者向けSEO知識まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました